Local by Flywheel(ローラルバイフライホイール) Work

WordPressのテーマ制作をDreamWeaverでやるならLocal by Flywheel(ローラルバイフライホイール)

WordPressのテーマ制作をDreamWeaverでやるならLocal by Flywheel(ローラルバイフライホイール)を使ったらとても快適だったのでメモ。

もともとAdobeの全部入りを毎月払っているのでソフトDreamweaverはガンガン使いたかったのですが、あまり機会がなかったわけです。今回制作依頼があった際に問題があって、ローカルで制作をすることに。

じゃあいい機会だし新しいPCにしてからXamp入れてなかったなーとか思ってたら今はこんなのがあるんですね。

WordPressのテーマ制作をDreamWeaverでやるならLocal by Flywheel(ローラルバイフライホイール)

WordPressのテーマ制作をDreamWeaverでやるならLocal by Flywheel(ローラルバイフライホイール)

それも「Local by Flywheel(ローラルバイフライホイール)」というサービス。(名称がLocalになっていますね。変更かな)

海外製で日本語はないんですが、直感的になんとなく使えます。

ローカルPCでMySQLとPHPMyadminを使えるようにしてくれて、実際はそんなもん使わないで進むんですが、ようはネットに繋がなくてもWordpressの環境をつくれるというもの。当然他人からはアクセスできませんが、サイト公開前のサイトを作る場所として利用できます。

使いかたはざっくり、公式からダウンロードして、アカウントをつくって、管理上の単位である「サイト」を用意。そこにWPがすぐ入るので、ログインします。

そして、Dreamweaver側で新しい管理サイトを作成。フォルダをLocal by Flywheel(ローラルバイフライホイール)のWordpressが入ってるディレクトリにすればOKです。

これでDreamweverでPHPの補完などがある「つよい」状態で、テーマファイルをゴリゴリいじって行けます。更新したら秒でブラウザから確認できるようになりますし、わざわざPCがネット上のデータをいじるわけでもないので爆速ですね。ようはWordPressは更新かけるときそのつどレンタルサーバー上のデータベースにアクセスしていますが、その通信が不用というわけです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit

あなたにフィットする情報を綾fitがまとめていきます。間違ったものがあればご連絡ください汗 キャッシュレスキャンペーンや節約、フィンテックによるモバイル決済や電子マネー・お金の管理・節約・銀行・ATM・コンビ二・モバイル・金融動向 クレジットカード。防災情報もアンテナ張ってます。

-Local by Flywheel(ローラルバイフライホイール), Work