買い物アイデア

LenovoのフォルダブルPC ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)2020年注目すべき3つのポイント

Lenovo(レノボ)から2020年10月に発売された異色すぎる注目機体PCがあります。

それが折りたたみパソコン、フォルダブルPCともいえる「ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」です。

2020年の一番の異色機体といってもいいでしょう。

LenovoのフォルダブルPC ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)2020年注目すべき3つのポイント

LenovoのフォルダブルPC ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)2020年注目すべき3つのポイント

要約ポイント

  • ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」が2020年10月に発売
  • ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」は13.3インチの2画面折りたたみパソコンでタブレット化も可能
  • スペック:Intel Core i5プロセッサー/メモリ8GB/ストレージ512GB(SSD)
  • 通信技術/画面:Wi-fi6/5G対応/有機ELディスプレイ(OLED)

ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)3つのポイント

ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」が2020年10月に発売されました。その特徴を3つ挙げていきます。

動画内でPCをひらく宇宙飛行士

動画内でPCをひらく宇宙飛行士

  • 最大の特徴は折りたたみ画面であることでタブレット・PCという形状にとらわれない使いやすさ
  • パソコンとしてのスペックも高性能で快適
  • さしすせそ

世界初の画面折りたたみ式 PCというキャッチコピーで現れたこちらの「ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」は、本のようにたためるPC。

 

プロモーション動画内でもスムーズにPCを開け締めして、角度をつけて全画面をチェックしたり、タッチ操作をする様子が描かれています。

全部ひらくと13.3インチのタブレットになります。

スペック:Intel Core i5プロセッサー/メモリ8GB/ストレージ512GB(SSD)

  • CPU:Intel Core i5プロセッサー
  • メモリ:8GB
  • ストレージ512GB(SSD)
  • 画面サイズ:13.3インチ
  • Wi-Fi6・5G対応可能(5Gモデルは販売開始日未定 )
  • 画面:有機ELディスプレイ(OLED)

スペックもIntel Core i5プロセッサー/メモリ8GB/ストレージ512GB(SSD)と、通常の利用をするならばカフェやワークスペースでもじゅうぶんな仕事ができる数字になっています。

これからの2021年に新しい潮流を生むかもしれませんね。

折りたためることで価値を生むPC、使っている姿もかっこいいかもしれません。

実は日本発のパソコン

ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」は日本の大和研究所でアイデアが生まれ、5年かけて製品化したパソコンです。

大和研究所はレノボワールドワイドの日本、米国、中国の「イノベーション・トライアングル」と呼ばれるPC開発拠点の一つです。

プロモーションサイトでその詳細を見ることができます。

販売価格

ThinkPad X1 Fold:WiFiモデル256GBは399,300円(ネット割で327426円になっています)、ThinkPad X1 Fold:WiFiモデル 52GB(Pro OS選択可能)は452,100円になります。

まとめ

  • ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」が2020年10月に発売
  • ThinkPadX1Fold(シンクパッドX1フォールド)」は13.3インチの2画面折りたたみパソコンでタブレット化も可能
  • スペック:Intel Core i5プロセッサー/メモリ8GB/ストレージ512GB(SSD)
  • 通信技術/画面:Wi-fi6/5G対応/有機ELディスプレイ(OLED)

-買い物アイデア

Copyright© あなたにフィット , 2020 All Rights Reserved.